AA-30/AA-54  症状・対策

スキャンせず AA-30/AA-54  症状・対策
質  問 数回使用しましたが、今日 SWRの測定が出来なくなりました(スキャンせずグラフが描かれません)。
検出器、ブリッジのテストでは取説にあるようなグラフが得られるので異常ないと思いますが、ブリッジテストでは、アンテナを繋いでも繋がない場合と同じ表示です。
回  答 同梱されていたマンガン電池を使っている場合は、アルカリ電池に変えるか、マンガン電池を抜いてUSB電源で動作させて見てください。
応  答 早速のお返事有難うございます。
こんなに早くお返事が頂けるとは思っていませんでした。
USB電源で問題無くスキャンが始まりました。
有難うございました。
7MHz用のアンテナの調整でSWR計だけでは何とも手に負えずAA-54の購入に踏み切りました。
正解だったと思っています。
他のアナライザーは使用しているのを横で見ているだけでしたが
能率が全然違うと思います。
エレメント等の調整の効果を直ぐグラフで確認できるところがすごいです。
もうすこし使い慣れたら所属クラブの会報に使用感を投稿して大いに宣伝します(Hi).
S/Nが丁度100なのも気に入っています。
有難うございました。
LCD2clip 取込み画像不具合(AA-30/54)及びAntScope でAA-54 のメモリー読めず・・・・修正方法
原 因 FTDI社のプログラムソフトが原因のUSB通信不全
対 処 USB通信用現行プログラムを消去し、修正プログラムを書き込む
事前準備  FTDI社のUSB チップを搭載している他の機器のPC接続を外して、アナライザーの電池
を抜いておく(安全のため)。
修正方法 1,デスクトップ(など)に新規にREFTDI フォルダーを作成する
2,ダウンロードページの http://www.ja1scw.jp/shop/Files/REFTDI.exe をそのフォルダーにダウンロードする
3,アナライザーをPC にUSB接続し電源スイッチをON してPC モードに入れる
4,REFTDI.exe をダブルクリックして起動する
5,下の警告画面で「OK」ボタンを押すと6の画面に変わる
6,下のチッププログラマー画面で 1,型名選択、2,現行プログラムの消去、3,新しいプログラムの書き込みを行う
7,Erase ボタンを押して消去をすると下の画面が現れる。USB プラグを抜き差ししてOKで抜ける
8,下の画面が現れる。アナライザーの電源を入れてPC モードを確認してProgram ボタンを押す
9,プログラム終了で下の画面になる。再度USB プラグを抜き差ししてOK ボタンを押す
10,REFTDI.exe を閉じる

修正方法→(PDF